(仮)

ひろとあやのにっき

明日出発

いよいよ明日パドヴァに出発します。

ここに2月に来て以来、久しぶりの長距離移動なので、とても楽しみ~

パドヴァまで電車で約6時間30分。名古屋東京間のバスを考えれば同じようなものです。(渋滞もないし!)



現地ではカトリック系の大学寮に泊まらせてもらいます。リーズナブルなお値段で、キッチンもついている所だそうです。





帰られました

この2週間弱、母といとこがこっちに来ていたのですが、あっという間に帰ってしまいました(ToT)/~~~

昨日今日は再び現実に戻り、穏やかな一日を過ごすことが出来ました。



私はついつい独りになる時間が増えると、我儘になる傾向があり、人に迷惑をかけないように最大限神経をはらっていても、実際詰めが甘かったりします。また、ヴァイオリンに関して言うと、自分では、「とっても気長」の単位でやっているつもりなのに、他の人の「短気」な意見が気に障ったり、自分の未発達を痛いほど感じる二週間でもありました。





さて、あと3日でイタリアのパドヴァに行ってきます!と言うことは、冷蔵庫の中の黄ピーマンと赤ピーマンなど、大量の野菜を消費しなくてはならないので、今日は中に詰め物をしてオーブンで焼いてみました。





肉厚なピーマンから甘みが出て、とても美味しかったです。

仏検

今日は仏検でした!
みんなは結構答えバラバラでした。


簿記と違って欠席者は少なかったです。
(簿記は半分くらいしかいなかった)
そして女子が多かった。

時間すごいあまったし、
たぶん92点だったので
今度は2級もほしいな~なんて
欲が出てきてしまいます。前置詞がよくわかんないな私。




電子レンジ



長年使ってた電子レンジがとうとう疲れてしまい、

今日若い子が入ってきました(・∀・)



スチームとかあるらしい。

(なんだかよくわからないけど)

使いこなせるかなあ。

ご飯もラップなしでしっとり!らしい。



楽しみデスね♪



今日は労働法のテストがあり

これで中間テストは終わりました。

まだレポートがあるけど。



労働法もしくじったなー

近視眼的というか、

視野が狭いというか。



気を付けよう……



レポートやろう……



簿記

「時間です鉛筆をおいてください」



って言われた瞬間に気付いたの。



私、超つまらない間違いした!。・゜・(*ノД`*)・゜・。

悔しすぎる!

せっかく計算あってたのに!

こんなの奇跡に近いのに!(←ダメ)

すごくもったいない!



もう一回受けます。



今度は途中退室で受かってくる!








手が届かない

さくらんぼの季節がやってきましたね。通学途中にも、実は小粒だけれど、日光を燦々と浴びた木があるのですが、地上3メートルぐらいのところにしか枝が伸びていなくて、美味しそうなのに食べることができません(>_<)

落ちているのは、大抵地面に当たった衝撃で半分腐ってるし。



ここは家主と仲良くなるしかないか

レッスンなし

昨日今日と先生が御多忙のため、私のレッスンが無くなってしまいました(/_;)

もともと先生のスケジュールはどう考えても、24時間じゃ足りないのですが。。。無理をして倒れられても誰も嬉しく思わないので、この2日間を今までたまった課題を少しでも解消できるように、profitしようと思います。



ところで、私の携帯は、一番安いSMSしか受け取ることしかできない、簡易な構造のものです。その他の長い文章(MMS)などは、パソコンにアクセスしないと見ることができないのです。























普段のレッスン変更などはこの携帯を通じて、電話やSMSでやり取りしているのですが、つい一時間ほど前にMMSが届いて、”もしや??”と思い急いでパソコンを開け、MMS を見るためのページを開いてみると、





母から趣味の生け花の写真が・・・(ーー;)



久しぶりの更新

特に忙しかったわけでもないのですが、随分、御無沙汰してしまいました



まずはひつじんの最新の様子から、





















この頃昼間に通ることが多いため、いつもこうして日陰で休んでいます。でもあまり近くによると怖がってしまうので、遠くから見ることしかできませんが。



そして最近(少し前まで)はひなげしが、とても華やかに咲いていました。




















こうして集まって咲いているのも艶やかなのですが、草むらの中に一輪見え隠れしている花のほうが、より美しく感じられます。このひなげしの花、フランス語では coquelicot と言います。この花のひらひら感が鶏(coq)のとさかに見えるそうです。もう少し繊細な名前を付ければいいのに・・・と個人的には思います。

今、たまたま夏目漱石の「虞美人草」という小説を読んでいるのですが、「虞美人草」とはひなげしの漢名です。知っている方もいらっしゃると思いますが、漢字源によると、虞美人とは楚の項羽の愛人で、その人が自殺したところに生じたらしいです。

 


 | HOME | 

■ プロフィール

hironayan

Author:hironayan

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ