(仮)

ひろとあやのにっき

スザンヌ

昨日はSuzanne Hussonというピアニストを聴きに行ってきました。Albenizのコンチェルトを演奏されたのですが、まるで夢のようでした。
(オケはかなりいまいちだったので、後半のオケのプログラムは失礼させてもらいましたが…)

帰りにBioのお店に寄ったら、大豆を発見☆これで煮物が食べれる~

女傑…

アマゾン(今広辞苑を見てびっくりしました。アマゾンってもともとギリシア語で「乳なし」の意。戦闘と狩を好み、弓を引くのに邪魔な右の乳房を切除する慣わしだった。女傑。
ほかの辞書には、ギリシア神話のアマゾーン族は女武者の身からなる部族で、男は殺すか不具とした。また、ロングマンでは a tall strong woman with a forceful character, who may make men feel afraid となっています。
女がこの世界を制覇しつつあります。

話はそれましたが、今海の向こう側から、CDを入荷中。どんぶらこっこ来るわけですから、ちょっと時間がかかるみたい。それでも25ドル(1925円)以上買えば送料無料になるって、どういうしくみなんでしょうね?
品物はまた届いたら紹介しますが、先生の若かりしころの憧れの存在だったピアニストのCD。先生がパリで見ていたころから、ピアニストとしては致命的な病を経験され、随分大変な人生を送られている方ですが、尋常じゃない凄みを感じます。楽しみ♪

最近

バイトをしたり
面接を受けに行ったりしています。

昨日は築地に行きました。
この前の説明会と質疑応答で
半分が落とされたらしい。
なにを見られていたんだろう…?

その前の日は
デュオ・ターリアの演奏会、
私は司法通訳技能検定でした。
中国語、韓国語がそれぞれ二名くらい英語が八名くらい、
ドイツ語が一人でした。
沖縄から来てる人もいるそうで!!!
気楽に受けて途中退室とかしちゃったりして
申し訳ない気分になりました(^_^;)


お母さんは良い演奏会だったみたいで!
名古屋公演には行きたい(((o(*゚▽゚*)o)))

室内楽

昨日は、ジュネーブ国際コンクールの室内楽部門のファイナルを、昔からの知り合いの方と聴きに行ってきました。3組出演したのですが、その若さゆえの(年齢は皆20~26ぐらい)集中力と、ファイナルまで勝ち上がってきただけの実力に感心しました。また、結果も1組が3位を、残りの2組が1位を受賞したのにもとても納得。
久々に室内楽だけが成せるあのHarmonyを体感してみたくなりました。連れて行ってくれた方に感謝です。


パソコンが速くなって、今までブツブツ切れて最後まで見れなかった動画を(ニタニタしながら)楽しんでます♪
その中のひとつが



この人はTom and Jerry のこちらでも弾いている方です。アニメとともにお楽しみください


呆然

いい加減に(1ヶ月ぐらいしか続かなくて、あまり成果もなくて、そのうち風化していった…)テクニックを何とかしたい!と昨日のテクニカルセッションで思ったのですよ。

それで、今日早速今までの記録を整理したところ、種類別に分けていったら

2度…10個
3度…32個
4度…16個
6度…6個

音階…22個
シフティング…2個
和音…4個

という集計結果になりました!


これでもexercise別に分けただけですから、実際問題
たとえば2度だったら、上の集計結果は1-2の指のものしか数えていないわけで、

本当は2-3、3-4、それもそれぞれ4弦でやらなければならないので、
10*3*4=120(!)

3度のほうは1-3、2-4しかないけれども
32*2*4 (´,,・ω・,,`)

さてこれらどうしましょ。どうしましょ。

多分やり始めて、要領がつかめてきたら、それぞれがリンクしているので、そんなに重く感じないのでしょうが、
今一度やるのかやらないのか、眺めているだけで日が暮れてしまいました。

何ともありがたい

久しぶりです
デコさんからVaioのパソコンを貸していただけることになりました。
そしたら何をするにも速い速い。

実はこの"新規記事投稿”のページを開くのにも前は結構時間かかってたし、
くみのブログに行くにも、まず開いておいて、食器の洗い物して帰ってくるとちょうどいい感じに画面がスクロールできていたのが、このパソコンは一瞬たりとも待たせません。こんなに違うとは思いませんでした。
おまけに、スカイプのビデオだってつなげられるし、
CD焼いている間にネットも普通に使えるなんて…便利な世の中です。

まぁ私はヘビーユーザーでもないし、あんまり言うと、前のパソ子がひねくれてしまいそうなのでやめておきますが、本当にありがたいです。

こちらは紅葉も終わり、いよいよ冬支度です。

 | HOME | 

■ プロフィール

hironayan

Author:hironayan

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ