(仮)

ひろとあやのにっき

週末

あやの中国日記、続きを楽しみにしていたのに、一向に更新される気配が無い。

目の保養にまたPatek Philippe museumに行ってきた。美しさが目一杯惜しげもなく施されたコレクションは、本当に癒される。ここまでの美的センスを持った人がいたことや、それを窮める探究心…どれをとっても現代にはない。もちろんお金も関わっているけれども、素質が無ければお金がいくらあってもできないことだと思う。
まあそんなわけで、その後は恒例のサンピエールのオルガンコンサート。学校始まってから、なかなか行けなかったから、じっくり考える時間ができて良かった。大好きなフランクの2番のコラールや、Jehan Alainという若くして戦死した人の作品を聴いた。

かわって今日は、Moudonっていうところに行ってきた。電車で1時間40分。


何にも無いところだけど(一応コープとミグロがあるぐらいには拓けてる)12世紀からの建物や城壁があって、坂を上るとHigh townって呼ばれる小さな家々が並んでいる。縁側にばあさん2人と猫が並んでおしゃべりしていたり、時間を感じない空間。美術館に入っても、本当は払わなければならない所を、”そんな遠くから来たんなら、タダで良いよ”って言ってくれたり、本当に田舎。でも数少ない入館者のためにも、とても清潔に手入れしているところは、黙っていても毎日人が入ってくるような街の美術館よりも、気持ちが良い。

最後にSt. Etienneっていう、こちらも13世紀から残されている教会でコンサートを聴いてきた。オルガンは1764年のもので、まだ弾くことが可能なオルガンという意味で、Vaud州の中では最古のものらしい。木目がとても綺麗で上に乗っている天使が可愛かった。

 | HOME | 

■ プロフィール

hironayan

Author:hironayan

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ