(仮)

ひろとあやのにっき

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12

しいたけ

毎日学校にいる男子のために、自分の分と合わせて弁当を持って行っているの。巨人の胃袋を想像して量は自分の2~3倍にしているけれども、それでも足りない分は自分で何とか満たすように言い、しかも中身は私の趣味に合わせて草食弁。

弁当を彼らに作り始めて1年ぐらいになるけれども、いろいろな日本食が食べれるようになってきたよ。最初は私の好きなシンプルなおかかおにぎりでも多分駄目だろうと思い、マヨネーズや練りごまを入れたり、とにかくだしの味が外人には理解してもらえないので、高野豆腐も炒めて、煮物も無駄に豆とか入れて誤魔化していたの。

でも最近はひじきも、切り干し大根も、高野豆腐の煮物も、だし巻き卵もOKになってきて、そうそう、シラスも「このlittle fishのつぶらな瞳が~」とかいって憐れんでいたのが、今はその美味しさが分かるようになったみたい。ということで今週はお母さんが持ってきてくれた、大分産の原木しいたけにトライ。もったいないので一個を3人でわけわけ。嫌いだったら私に頂戴とあらかじめ伝えといたけど、美味しいと言って食べてた。


ここの学校はこの5-6年私のような古い住民ばかりが集まっていたのだけど、今回新しい子が2人入ってきて、なんだか年はそんなに変わらないのに、世代や文化の違いを感じてしまいます。


Faure

醤油

ここのお家にはたくさん古いものがあるの。亡くなった旦那さんが日本好きで、当時買った醤油や山椒や七味、増えるわかめちゃんも、そのまま増えることなく20年もの時間を辛抱強く待ち続けているわ。
置いてあるだけであって、さすがにおばあさんは使わないものだと思っていたら、今日おばあさんの昼食トレイに醤油が乗っているのを見てしまった。Oh là làと言いながら後で醤油のボトル(ペットボトル)の賞味期限か製造日を見てみたら「61.3」って書いてあるの。これって多分昭和??現在ここで売られているキッコーマン醤油はオランダ工場で作られているのだけれども、当時は日本で作られたものがこちらに直接輸入されていたみたい。ラベルもすべて日本語、"しょうが味牛肉の酒煮”なんていう、レシピが日本語で裏に書かれていたりする。「開封後は冷暗所に保存してください」っていうのも読めるわけがないので、常温保存で28年。。。
ボトルを振ってみたら、普通のしょうゆにはない緩やかな流れが感じられたよ。開ける勇気はちょっと出なかった。


いちじく

先週と今週はついにいちじくを拾いました。拾うといっても背の高い人に手伝ってもらって、私はバッグを広げて両手を挙げているだけで、いちじくが上から降ってくるのです。いちじくも、岐阜のお家にあった立派なのとは違って、(あれは美味しかった!)シロイチジクなので、小ぶりで甘さも控えめです。
とてもあくが強い天然ものなので一度あく抜きをしてから、ジャムとコンポートにしました。

拾いものシリーズも多分もうおしまい。最高気温が一桁の季節になりました。年のせいか、あかぎれが例年よりも早くできました。ラップケアします。


あやおめでとう!

誕生日おめでとう!
ケーキも何も買わなかったけれども、今日は保存してあった桃のコンポートでゼリーを作ったよ。
今日はテクニカルセッションがあったの。最近はゲストがいないとやらない方式なのか、前回はレスリーが、今回もイザックが来てるからやることになったみたい。もはや幻のテクニカルセッション。
そんなわけで、メンバーはセッション初めての3人と私とガビ。内容はいつものラシドシラシドシラシドシラシドラみたいな感じ。近いうちにあやの所にも送るね。



Enescu

 | HOME | 

■ プロフィール

hironayan

Author:hironayan

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ