(仮)

ひろとあやのにっき

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12

またオルガン

今日は今期最後のオルガンコンサートだった。

プログラムをチェックして行ったわけではなかったのに、今まさにさらっているバッハのアダージョとフーガのオルガンバージョンが聴けた。
ヴァイオリニストが弾くのと、オルガニストが弾くのではやはり、視点が違うと思った。ヴァイオリニストはバスの音とか伸ばせない分、そこを強調したり、またヴァイオリンならではの強弱や、とても繊細なニュアンスが付けられるので、曲がもっとドラマチックになってしまう。一方オルガンだと、バスは押さえていれば勝手に鳴るし、ヴァイオリンだと単旋律のところを、他の旋律を重ねたりできるけれども、導音や、増減音程など変化が付けにくいために、ヴァイオリンに聴き慣れていると、のっぺりした印象をもってしまう。
それにしても、今までと少し違うイメージを創ることができて良かった。

でもプログラムは正直、選曲もアレンジもあまり好きになれなかった。


全然関係ないけれど…

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://hiroaya2.blog.fc2.com/tb.php/292-e048bad6

 | HOME | 

■ プロフィール

hironayan

Author:hironayan

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ